楽しくなるホームページ制作、ECサイト構築!Let's Enjoy Website

インターネットで色々な情報を検索する人口はますます増加しています。ホームページ制作の目的を考え、コンセプトに沿ったサイトをつくることで、充実したホームページを運営することができます!

視点を変えて考えるSEO

普段は、どうすればSEO対策でアルゴリズムをすり抜けて、検索エンジンで上位にするかという事を考えながら作業を行っている人が多いのではないでしょうか。

どんなに頑張っても難解だと感じている人が多い様ですね。行き詰まりを感じている人は、一度SEOに対する視点を変えてみてはどうでしょうか。

検索エンジンの立場に立って考えて、これからはどんなサイトを上位にさせたいと考えているのか、という事を想像で考えてみてはどうでしょうか。

検索エンジンの意図するものは何かを考える事で見えてくるものがあるかもしれませんね。その事を意識して対策を行うと、また違った対策を行う事ができるのではないでしょうか。

seoの検索エンジン上でトップになる

seoはRankBrainを中心とするアルゴリズムによって自動的に行われています。そしてこの人工知能は日々進化しているので、ブラックハット気味のものや、それ以外にもユーザーの利益と関係のないアピールに対するペナルティは厳しいです。

なのでseoでトップになろうと思ったら、コンテンツの質を高めていくことが必須です。昔は被リンクの数やキーワードの数で検索上位になっていましたが、今はそれをやるとランク外にされる傾向にあります。ペナルティの基準が厳しくなっているので、純粋なコンテンツの質で勝負するしかないでしょう。

seoに対応して上位表示

グーグルの検索エンジンに上位表示するためにはseoに対応していく必要があります。ひと昔前とはずいぶん変わりましたが、グーグルの理念自体は変わっていません。RankBrainを中心とするアルゴリズムがよりグーグルの理想に近づいています。

昔はブラックハットseoもある程度通用していましたが、現在はそれをやるとすぐにペナルティを課されます。意図的にリンクの大量生成やキーワードの過度な埋め込みををすればスパム判定を受けて当然ですが、意図的でなくてもグーグルがそう判断すればペナルティが課されます。 なので気を付けた方が良いです。

seo対策をしたホームページ制作

最近では自分でホームページ制作を行ってそのホームページを使用してお金を稼ぐという人が非常に増えてきています。実際自分がよく見に行っているブログや、ホームページを作成している人でもそういった副業的な収入をもらっている人もいます。

その中でも一番収入を得ることができるのがECサイト構築ですが、こちらはアクセスしてもらう人が多ければ多いほどその分売り上げにつながります。そこで大事なのが、デザインや使いやすさではなくseo対策です。seo対策を欠かしてしまうと、アクセス数が一気に減り、それが販売数量にもつながってきます。

ECサイト構築の段階でseo対策を実践しよう

seo対策は、ECサイト構築が終わった後に行うのではなく、構築をするのと同時に進めていくことが賢明です。seo対策は、大きく分類するとサイト内部の状況を変えていくことによって検索エンジンに高い評価を貰う内部対策と、外的な要因を中心としてサイトの評価を向上させる外部対策の二つに分けることができます。

このうち、ECサイト構築段階で対策を実行していくのは内部対策に分類されます。内部対策は色々ありますが、サイト構築段階で実施できる対策としてはサーバーの管理や独自ドメインの取得などが挙げられるので対策は一杯あります。

seoについての関連情報